古荘 純次 (Junji Furusho)




 
大阪大学 名誉教授
一般財団法人ファジィシステム研究所 特別研究員
大阪電気通信大学 客員研究員

(一般財団法人ファジィシステム研究所)
〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
TEL:0948-24-2771 FAX:0948-24-3002
furusho[at]flsi.or.jp

(大阪電気通信大学)
furusho[at]osakac.ac.jp
jf22362k[at]gaia.eonet.ne.jp

学歴

1970年3月大阪大学 工学部 機械工学科 卒業 工学士
1972年3月大阪大学大学院 工学研究科 産業機械工学専攻 修士課程 修了
1975年3月大阪大学 工学研究科 機械工学専攻 博士課程 単位取得満期退学
1975年4月大阪大学 研究生
1976年3月大阪大学 工学博士

職歴

1976年4月大阪大学 工学部 産業機械工学科 助手
1981年10月岐阜大学 工学部 精密工学科 講師
1983年2月岐阜大学 工学部 精密工学科 助教授
1991年4月電気通信大学 電気通信学部 機械制御工学科 教授
1996年4月大阪大学 工学部 電子制御機械工学科 教授
1998年4月大阪大学 大学院工学研究科 電子制御機械工学専攻 教授 (大学院重点化による)
2004年4月大阪大学 臨床医工学融合研究教育センター 教授(兼任)
2005年4月大阪大学 大学院工学研究科 機械工学専攻 人間機械学領域 教授
2010年3月大阪大学名誉教授
2010年4月福井工業大学 工学部 機械工学科 教授
2012年4月福井工業大学 工学部 経営情報学科 教授
2015年4月大阪電気通信大学 医療福祉工学部 医療福祉工学科 客員教授 (2016年3月まで)
2016年4月大阪電気通信大学 客員研究員

現在実施中の研究

  • 研究課題名:「同側及び鏡面対称の健側補助を導入した新規な非能動型
                    上肢リハビリ支援システム」
  • 研究代表者:古荘純次
  • 研究期間:平成28年度〜平成30年度
  • 競争的資金名:科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
  • 課題番号:16K01586
  • 本研究の詳細は, こちら(外部リンク).

これまでに実施した研究

2011年3月経済産業省平成22度補正予算 課題解決型医療機器の開発・改良に向けた病院企業間連携支援事業(課題番号:全32)「脳卒中患者に対する上肢機能訓練用医療器の開発」のプロジェクトリーダーを務め,PLEMO-Yを研究開発. PLEMOシリーズは,大阪大学古荘研究室で研究開発したものであり,PLEMO-Yもそのソフトウエアを用いている.(2012 年 2月まで)
この研究開発に至る過程と詳細は, こちら(外部リンク).
(参考文献:古荘純次,他:日本機械学会誌2016年1月特集号「リハビリ介護とメカトロニクス」,(総説)pp.4-7,(解説)pp.19-21,古荘純次,他:準3次元上肢リハビリ支援システムPLEMO-P3の研究開発,日本リハビリテーション医学会学術集会・抄録集,S175,1-4-21(2009),J.Furusho and N.Takesue: (Review) Research and Development of Functional Fluid Mechatronics, Rehabilitation Systems, and Mechatronics of Flexible Drive Systems, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.28, N0.1 , pp.5-16 (2016).
------------------------------------------------------
2004年4月NEDO「次世代ロボット実用化プロジェクト(プロトタイプ開発支援事業)」,課題名「手首を含む上肢リハビリ訓練6自由度ロボットの研究開発」のプロジェクトリーダーを務め,研究開発したセラフィの実演展示を愛知万博で行った.(2006年3月まで)
(参考文献:古荘純次,他:日本ロボット学会誌, Vol.24, No.2, pp.186 (2006),古荘純次:(巻頭言)上肢リハビリテーション支援ロボットとその本格的実用化、総合リハビリテーション,38巻 ,12号 (2010). )
------------------------------------------------------
1999年4月5ヶ年NEDOプロジェクト「身体機能リハビリ支援システム」(医療福祉機器研究所)開発委員として,3次元上肢リハビリ支援システムEMULの研究開発を中核となって行い,兵庫医科大学で臨床評価を行い大きなリハビリ訓練効果を得た.(2004年3月まで)
(参考文献:古荘純次,小柳健一,他:日本ロボット学会誌,Vol.23, No.5, pp.629-636 (2005),宮越浩一,道免和久,小山哲夫,古荘純次,小柳健一:リハビリテーション医学(日本リハビリテーション医学会誌), Vol.43, No.6, pp.347-352 (2006))

主な社会への貢献

2014年7月日本機械学会誌2016年1月特集号「リハビリ・介護とメカトロニクス」特集号企画小委員会主査(2016年1月まで)
------------------------------------------------------
2014年4月日本機械学会「リハビリ・介護・メカトロニクス研究会」主査(2016年3月まで)
------------------------------------------------------
2013年4月福井県「平成25年度パワーアシストスーツ研究開発事業業務委託審査委員会」委員(2014年3月まで)
------------------------------------------------------
2012年4月次世代医療機器評価指標検討会(厚生労働省)/医療機器開発ガイドライン評価検討委員会(経済産業省)合同検討会 ,厚生労働省:活動機能回復装置審査WG委員,経済産業省:機能回復訓練機器分野 運動機能訓練用医療機器開発WG委員(2014年3月まで)
------------------------------------------------------
2007年4月グローバルCOEプログラム「予測医学基盤創成」事業推進担当者(身体リハビリ担当)(2010年3月まで)
------------------------------------------------------
1996年7月International Conference on Electrorheological Fluids and Magnetoreological Suspensions, International Advisory Committee(2004年6月まで)
------------------------------------------------------
1997年4月日本機械学会「メカトロニクスと機能性流体に関する研究会」主査(2001年3月まで)

受賞歴

2014年9月 日本ロボット学会フェロー
2008年3月 財団法人油空圧機器技術振興財団論文賞
2006年10月 2006年度グッドデザイン賞(財団法人日本産業デザイン振興会)
2006年6月 2006 IEEE Int. Conf. on Mechatronics and Automation, Best Paper Award in Mechatronics
2004年7月 日本レオロジー学会技術賞
2003年3月 日本機械学会フェロー
2001年3月 日本バーチャルリアリティ学会論文賞
1996年6月 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門業績賞

業績

所属学会

  • 日本機械学会
  • 日本ロボット学会
  • バイオメカニズム学会
  • 日本生体医工学会
  • 計測自動制御学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 再生医療とリハビリテーション研究会

English